良い環境でペットを納骨して管理することが出来るペット霊園の魅力についてご紹介

このサイトでは、近年利用者が急増しているペット霊園の魅力やメリットを分かりやすく解説しています。
ペット専用の霊園に興味があるけれど、いまいち仕組みや良さが分からないという方の大きな助けになるでしょう。
またメリットだけでなく、失敗や後悔事例・デメリットについても触れているので、比較検討する際にとても参考になるはずです。
霊園選びで失敗して後悔する人もけっこう多いので、失敗事例を学んでおくことは非常に重要です。

良い環境でペットを納骨して管理することが出来るペット霊園の魅力についてご紹介

ペット霊園の魅力は、環境の良い場所にペットのお墓を建てられることです。
多くのペット霊園は、清潔で明るい雰囲気の場所にあることが多く環境がいいです。
そういうところに埋葬してもらえればペットとしても安らかに眠れるでしょう。
また、お参りする側としても、気持ちよく供養をすることができます。
そして専用のペット霊園があることによって、定期的に参拝するようになり、家族の一員であったペットの事をいつまでも記憶にとどめておくこともできるでしょう。

ペット霊園の飼い主のニーズに応じた選び方

共に過ごしてきたペットが亡くなると、ペットロスという言葉があるほど飼い主は悲しみに包まれてしまいます。
天国へと旅立つペットの最後は心を込めて送りたいもの。
近年では家族のように暮らしてきたペットを供養する専門の施設や霊園等が増えています。
ペット霊園ではご遺体のお迎えからセレモニーや火葬、納骨や供養までサービスを提供。
ペット霊園によって葬儀プランや納骨方法が用意されており、飼い主さんのニーズに幅広く対応しています。
選び方としては葬儀プランの内容、費用から自分希望に合うものを選びます。
個別または合同の葬儀にするのか、屋外の墓地に遺骨を埋葬するのか室内の納骨堂にするのか、ペットの旅立ちにふさわしいものを選ぶと良いでしょう。
ペット霊園では小さなハムスターから大型犬の葬儀に対応しており、費用は種類や大きさでことなります。
亡くなってから慌てることがないように、近くのペット霊園を確認しておくと良いでしょう。

ペット霊園におけるサービスの種類

可愛がっていたワンチャンが亡くなると家族と同じように愛して愛情を注いでいたためその喪失感は計り知れません。
亡くなった後、しばらくは悲しみに包まれた日々を送ることでしょう。
大切なペットとはいえ、亡骸をそのままの状態で保管することはできません。
ペット霊園では供養のためのさまざまな種類のサービスを提供しています。
葬儀、火葬、納骨、供養と人の葬儀に近い内容となっています。
またペット霊園によっては火葬場を完備しておりさまざまな火葬プランを用意している場合も。
ハムスターから大型犬までペットの種類や大きさなどによって費用はことなります。
ペット霊園の形態は自然に囲まれた立地にある通常のお墓タイプから、室内にある納骨堂タイプなどが選べます。
動物の寿命は私たち人間と比べると短いものです。
ワンチャン達が元気なうちに、自宅から利用できるペット霊園を確認しておくことでもしもの時に慌てず適切な対応を取ることができるのです。

ペット霊園の申し込みに必要な手続き

ペット霊園に亡くなってしまったペットを埋葬したい場合は、霊園側が定める方法で申し込み手続きをとる必要があります。
一般的には、霊園側が用意する使用許可申請書に、氏名・住所・電話番号といった申込者の個人情報や、埋葬するペットに関する情報、希望する埋葬場所、読経の有無などを記入して提出します。
霊園によっては、申請書にいくつか書類を添付する必要があるので、よく確認した上で手続きをはじめましょう。
ペット霊園によっては公式Webサイト上のフォームから受け付けている場合があります。
Web上からの申し込みも基本的な流れは一緒で、フォームの各項目に必要な内容を入力して送信するだけです。
申し込みを受けた霊園側は、内容を確認した上で電話かメールで連絡してくるので、指示にしたがってすすめていきましょう。
埋葬だけでなく火葬も行って欲しい場合の申込方法は、申請書や申し込みフォームに入れなければならない内容に若干の違いがあるだけで、基本的には埋葬時と一緒です。

ペット霊園に最低必要な経費について

ペットが亡くなった際に自宅で供養するだけでなく、ペット霊園を利用する場合も多いです。
実際に利用を検討している場合であれば、ペット霊園に支払う必要最低限となる経費を把握しておくこともポイントになります。
まずペット霊園は遺骨を納めて供養する人間のお墓と同じと考えてもよいですが、プランなどが複数ある事が多いです。
利用できるサービスとして共同納骨堂の利用があり、骨壷を使用しない共同埋葬の場合は5,000円程度で利用できる場合もあります。
最低費用と考えると、1万円以内でも利用できるサービスもあると判断可能です。
ただし共同納骨堂で骨壷がある場合であれば、保管期間や管理費なども含まれると、1万円から2万円以上かかる場合もあります。
個別での埋葬であれば墓石代の他に管理料なども含まれるので、30万以上必要な事も多いです。
供養の方法には様々な種類があるので、その中でも最低費用で利用出来るサービスを把握した上で霊園の比較することで何処を利用するか判断する事が出来ます。

ペット霊園に関する情報サイト
ペット霊園の魅力

このサイトでは、近年利用者が急増しているペット霊園の魅力やメリットを分かりやすく解説しています。
ペット専用の霊園に興味があるけれど、いまいち仕組みや良さが分からないという方の大きな助けになるでしょう。
またメリットだけでなく、失敗や後悔事例・デメリットについても触れているので、比較検討する際にとても参考になるはずです。
霊園選びで失敗して後悔する人もけっこう多いので、失敗事例を学んでおくことは非常に重要です。

Search